登記簿とはどのようなものか

不動産の土地がどこからどこまでなのか、誰が所有をしているのかを記録しているものを登記簿といいます。
この登記簿は、法務局で手数料を支払えば誰でも見ることができます。
登記されている内容は、場所や大きさとできた時期の表題部、どんな経緯で誰が持つことになったのかを説明する甲区、抵当権等の将来所有する人に影響があるようなことを記載する乙区に分かれています。

法務局は登記簿の他に、周辺の土地がどのように並んでいるのかが分かる地図を作って保管しています。
また、土地の大きさや形を測量した地積測量図、建物の図面も保管しています。
それらの情報をもとにして不動産に関するいろいろな実務が行われます。
知りたいことがあれば法務局で情報を入手してみましょう。

最近は、いつでもどこでもインターネットを利用することで情報を見ることができるようになりました。
目的の場所の地番や住所を知っていると、インターネットでも調べやすいです。